loading

殺処分ゼロを目指す公益財団法人ヒューマニン財団

公益財団法人 ヒューマニン財団

ツクシの家族募集

2018-04-09

第8期GMaCドッグのメンバーは1月の上旬ごろから家族募集をさせていただいておりますが、ツクシに関しては年齢が若いこともあり、正式な新しい家族の募集をしておりませんでした。

しかし、精神的な成長はまだこれからと思われる部分もありますが、身体的な成長はほぼ終わり、年齢もおそらく1歳ぐらいにはなっていると思われるので、本格的にツクシの家族募集を始めたいと思い、ここで改めてツクシをご紹介させていただきます。

『ツクシ』

オス/1歳前後/13キロ(あと数キロ増える可能性あり)

人は大好きで甘えん坊ですが、慣れるまでに少し時間がかかります。

初対面の人、特に近寄って来る人や、男の人には躊躇することが多いですが、攻撃性はありません。

初めていく場所や慣れない場所では、キョロキョロ、ウロウロし、いつもよりは多少落ち着きがなくなることがありますが、怖がって動けなくなることはありません。

お散歩中は、興味があるもの、例えば他の犬や猫などを見ると興奮しますので、大人の方がしっかりとリードを持っていただく必要があります。

若く元気があるので、どれだけお散歩をしても疲れることはないですし、おもちゃ遊びも得意です。

現在、他の犬たちとの共同生活は特に問題ないですが、先住犬がいる場合はその犬との相性を見る必要があります。

トイレは、マーキングをすることなく、庭で済ますことができます。

お留守番は、いたずら防止のため、短時間(4時間以内)をクレート内でしております。

その他、ご質問や、面会の希望などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

**お問合せ先**
公益財団法人ヒューマニン財団
TEL:03(3329)2900
メール:ホームページよりお問い合わせ
※日曜日、祝日はお休みをいただいております

ご寄付をいただきました。

2018-03-14

先日、以前より当>財団をご支援下さっております株式会社ソーシンの代表取締役 渡辺様がご挨拶と目録の授与でご来社されました。

代表の渡辺様は、当財団の活動に深くご理解とご賛同をしてくださっており、株式会社ソーシン様でお取り扱いされている商品(犬用の口腔ケアジェル)の売り上げの一部をヒューマニン財団へご寄付してくださいました。

渡辺様は当財団 代表理事の寺山と終始和やかな雰囲気で、ペットが健康で長生きしていくための商品開発についてや、ペットの口腔内のケアの大切さについてなど、たくさんお話ししてくださいました。

この度は、目録とご寄付をいただき誠にありがとうございました。

私たちの活動は、皆さまのご寄付で成り立っております。

企業様だけでなく、個人様からのご寄付も賜っております。

寄付金だけでなく、もう使わなくなった切手や官製はがき、また書き損じの官製はがきをお送りいただく寄付や古本募金など、様々な形でご寄付いただけます。

皆さまよりいただいたご寄付は、GMaCプログラムをはじめ、当財団が行う公益目的事業に使用させていただきます。

これからも犬猫の殺処分ゼロを目指し活動して参ります。

今後ともご支援の程、どうぞ宜しくお願いいたします。

GMaCプログラム第8期卒業式

2018-02-24

先日、千葉県富里市の飼育センターにて、GMaCプログラム第8期にご協力いただきました週末の犬預かりボランティア、サポートファミリーさんにお集まり頂き、卒業式を行いました。

この卒業式は、少年院内で行われるトレーナー(少年)と犬たちとの修了式の前に行っています。

卒業式といっても堅苦しいことはなく、集まってくださった皆さんと軽食を食べながら、犬たちがプログラムを始めた当初からここまで、どのように変わってきたのかなどを話しながら和やかに進みます。

その後、卒業記念ムービーを上映、少年たちからの感謝の手紙を披露、そして、犬たちはこれまでトレーナー(少年)から習った得意なコマンドの発表をします。

そんな時を皆さんと過ごしていると、不要とみなされてしまうような犬たちも、このプログラムを通して、たくさんの人からの適切な教育と愛情をもらうことにより、立派な家庭犬として成長し、また、新しい幸せな生活を送れるようになるということをあたらめて感じることができます。

また、少年たちは、毎週末にとりかわすサポートファミリーさんとの引き継ぎ書の中で、自分たちの知らない犬の姿に驚いたり笑ったり、また、自分たちと同じ苦労を共にしてくれている皆さんの存在に勇気付けられ、この3ヶ月間のプログラムを行ってこれました。

GMaCプログラムでは、サポートファミリーさんの存在が非常に大きく、皆さんのご協力なしには、少年たちと犬たちへここまでよい影響を与えるプログラムを行うことはできません。

改めまして、いつもご協力をいただき本当にありがとうございます。

皆さんのご協力を無駄にしないよう、最後の最後まで気を抜かず、この第8期のプログラムも無事終わりを迎えられるように頑張ります。

チャーリー の家族募集

2018-01-20

2月末にプログラムを終了する予定の第8期GMaCドッグたちの新しい家族の募集を開始いたしました。

今回はチャーリーのご紹介です。

『チャーリー』

オス/2歳(推定)/18キロ

初対面の人にも怖がることなく接することができ、自分から寄っていきます。

体が大きいため、子供とのふれあいは注意が必要です。

家の中では、人の後を追うことも少なく、静かにくつろいでいることが多いです。

初めての場所や、見知らぬ物に対しても警戒することはあまりなく、比較的落ち着いて行動できるので、一緒にお出かけも楽しめます。

お散歩は前に出る傾向があるものの、力一杯に引っ張ることなくまっすぐ歩きます。

ただ、他の犬や猫を見ると、急に引っ張ることがあるので、大人の方がしっかりとリードを握っている必要があります。

現在、他の犬たちとの共同生活では特に問題はないですが、犬と遊ぶのが得意でない犬なので、できれば先住犬がいない家庭を希望します。

もし、先住のペットがいる場合は、相性を見る必要があります。

トイレは外で行い、お散歩中にマーキングをする癖があります。

お留守番は、徐々に慣れさせていただける環境があれば、比較的長時間でも可能かと思います。

その他、ご質問や、面会の希望などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

**お問合せ先**
公益財団法人ヒューマニン財団
※日曜日、祝日はお休みをいただいております
TEL:03(3329)2900
メール:ホームページよりお問い合わせ

GMaCプログラム第8期がスタートしました

2017-11-13

八街少年院における第8期GMaC(ジーマック)プログラムが2017年11月7日スタートしました。
プログラム初日は、とてもいいお天気の日で、幸先の良いスタートでした。

 

これから2月までの約3ヶ月間、トレーナーとなる八街少年院の生徒たちと、犬たちは、一つのチームとなり、みんなで協力しながら、勉強し、そして共に成長していきます。

 

3ヶ月という短い期間ではありますが、その中で彼らが見せてくれる変化や、輝いてくる個性をしっかりと見届け、皆さまにお伝えできればと思っています。
また、この8期生の3名と3匹がみんな揃ってプログラムを終え、卒業できるよう、引き続き応援の程、よろしくお願い致します。

1 / 612345...最後 »

財団の活動にご賛同いただける皆さまのご入会をお待ちしております。

お問い合わせ

財団に関するお問い合わせは、
メールにて承ります。

ヒューマニン財団は
皆さまからの寄付
によって
支えられています

応募方法はこちら

ヒューマニンペット育成プログラム