loading

殺処分ゼロを目指す公益財団法人ヒューマニン財団

お知らせ

GMaCドッグ 「ロン」

2014-07-22

GMaCプログラムに参加している犬たちのことを、GMaCドッグと呼んでいます。
本日からは、全3匹のGMaCドッグを、1匹ずつご紹介したいと思います。

1匹目はロンです。

ロンは茨城県にあるNPO法人しっぽのなかまにより保護された犬で、今回このプログラムに参加するため、特別にお預かりしている犬です。

ロンは、推定3歳、オスのテリアミックスです。

テリアの特徴である長く縮れた毛と、半分だけ足れた右の耳、そして、大きな目が特徴。

ロンのすばらしい所は、どんな人にも好感触を与える、人付き合いの良さ!
ロンは、触ってほしい人の前まできて、人が触りやすいように自分の体を寄せ、この大きな目で、「撫でて!」というメッセージを発します。
そんなことを言われると、どんな人も『ロンを触らずにはいられない!』そんな力のある犬です。

しかし、ロンにも改善しなければいけない点があります。
それは「猫」です。
散歩中に野良猫を見つけると、テリアならではの血が騒ぐのか、興奮してしまいます。
現在は、その興奮をコントロール出来るように、日々練習しています。

とても賢い犬なので、GMaCでの少年との訓練も上達が早く、周りの人間は驚かされっぱなしです。
これからの約3ヶ月間、GMaCドッグとしてロンは頑張ります。
みなさんロンをよろしくお願いします。

そして、『ロンを家族の一員として迎えたい!』と思った方は、当財団までご連絡下さい。

TEL:03-5314-3555

E-Mail:info@humanin.or.jp

次回は紅一点!「イヴ」のご紹介です。
お楽しみに!!!




財団の活動にご賛同いただける皆さまのご入会をお待ちしております。

お問い合わせ

財団に関するお問い合わせは、
メールにて承ります。

ヒューマニン財団は
皆さまからの寄付
によって
支えられています

応募方法はこちら

ヒューマニンペット育成プログラム