loading

殺処分ゼロを目指す公益財団法人ヒューマニン財団

セーブライフ プログラム

セーブライフ プログラム

image003

イヌ・ネコの社会的殺処分ZEROを実現するために、地方自治体等の動物愛護センター・保護団体・個人等より飼育困難な状況にあるイヌ・ネコを受託し、安全で衛生管理の整った施設において、動物福祉・愛護の精神をもって飼養(終生飼養を基本)します。当施設において受託飼養するイヌ・ネコは心身の健康状態、適性をチェックし、セカンドオーナーに譲渡するしくみ(縁結びWEBサイト)により、ペットとして新たな人生を歩みます。また、優れた特性や可能性を持つイヌ・ネコについては専門的なトレーナーによる訓練を受け、社会や人の役に立つペット(ヒューマニンペッツ)としてのセカンドライフの道に進んでいきます。
当施設において、優先受託飼養するイヌ・ネコは、地方自治体に収容され、新たなペットオーナーへの譲渡の機会に恵まれず殺処分が確実視される(デッドラインペッツ)イヌ・ネコ、保護団体・個人ボランティア・ペットオーナーが高齢、死亡等により飼養困難となったイヌ・ネコとします。
施設は、今後、北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州の各地域に設置を計画し、総数で1万頭のイヌ・ネコの飼養を可能とする体制を整えます。

gmac

財団の活動にご賛同いただける皆さまのご入会をお待ちしております。

お問い合わせ

財団に関するお問い合わせは、
メールにて承ります。

ヒューマニン財団は
皆さまからの寄付
によって
支えられています

応募方法はこちら

ヒューマニンペット育成プログラム