loading

殺処分ゼロを目指す公益財団法人ヒューマニン財団

公益財団法人 ヒューマニン財団
10月, 2014年

Happy Halloween

2014-10-31

Happy Halloween!!

近頃、日本でも仮装がはやっているようですが、みなさん、何か仮装はしますか?
私はしませんが、犬たちには協力してもらいました。

ロンデビルと、

イヴ魔女と、

トモデビルです。

コスチュームといっても、カチューシャだけでしたが、一番頭の大きなロンちゃんはピッタリはまりました。
でも、一番頭の小さいイヴちゃんは頭の上に帽子を乗せるのが大変でした。

トモはなぜか違和感がありません。。。

犬たちは『なぜ、こんな物を頭に乗せられているんだろう。。。?』というような顔をしておりますが、私たち人間は、これを見て和むことができるのです。

犬たち、ありがとうね!!

朝日

2014-10-30

だんだんと朝が寒くなってきましたね。
朝のお散歩を終え、犬たちの朝食後、私も朝食をとっていると、ちょうど私が座っている場所に朝日が差し込んできます。
その朝日を求めて、犬たちが私に寄ってきます。

本日、まず一番いい場所をとったのは、イヴちゃんでした。
私の足を枕にしてくつろぎます。

私は、犬たちが寄ってきて、私を温めてくれていることをうれしく思っていました。
しかし、残念なことに、朝日の差し込む場所が移動すると、犬たちも移動する。。。

移動後は、トモはロンに枕にされ、ロンはイヴの枕にされ、そして、私は用無しです。
寒いながらも、暖かな朝の一時でした。

久しぶりのドッグラン

2014-10-29

今日はいいお天気だったので、久しぶりにドッグランにいってきました。
『平日だけど、いいお天気だからお友達がいるかな?』と思って行ったのですが、お隣のランに2〜3頭ほど出入りするだけで、私たちがいるランにはなかなか入ってきてもらえず、ほとんどの時間を3匹で遊んでいました。

ドッグランで一番はしゃぐのはイヴちゃん。
とにかく、走る走る。。。
でも、一人じゃ走っても楽しくないので、ロンとトモを交代に誘いながら遊んでもらっていました。

相手に合わせて追いかける方と、追いかけてもらう方を分けるところが、遊び上手のイヴちゃんらしいですね。

そして、遊びに少し飽きてきた犬たちと、ランの中でコマンドのトレーニングをしました。
犬たちにコマンドを教えても、その後、定期的に練習したり使ったりしなければ、どんどん忘れていってしまいます。
それは私たちの勉強と同じですね。
さらに、覚えたコマンドを周りに誘惑がある場所でもできるようになることも、とても重要です。

私が3匹の犬たちとコマンド練習をしている間、お隣にいた子犬の飼い主さんが見ていて、『ほら、あなたもああやってできるように、見てて』と言っているのが聞こえました。
それを聞いて、この3匹の保護犬たちが、他のわんちゃんのお手本になれるような存在になったということを感じ、とてもうれしく思いました。

社会化:ウマ

2014-10-28

お久しぶりになりましたが、犬たちの社会化3回目
今回は、ウマさんです。

私が住んでいる地域には、馬を飼育している牧場が多くあり、犬たちのお散歩コースでよくある牧場の横を通ります。
私は、犬以外の動物のことは、ほとんどと言っていいほど無知なので、どのような目的のウマたちなのかはわからないのですが、ここのウマたちはとってもおとなしく、柵のちかくに人が寄っても逃げようとはしません。
ただ、犬たちがいるので私は15mほど離れて見ているだけですが。。。

最初、犬たちがウマたちをみたとき、その存在になかなか気づきませんでした。
そして、ウマが体をブルブルとして、やっと『おぉ?!なんだあれは?』と見るだけで、気づいてもほとんど反応がありませんでした。

私が、ハワイで介助犬訓練士として活動しているとき、訓練施設の横が牧場で、その牧場にはウシ、ウマ、ヒツジなどがとってもたくさんいました。

そして、その牧場には、ウマにのったオーナーの指示を受け何百匹もの牛を追う犬や、ヒツジたちと行動し敵からヒツジを守る犬などがおり、今でも海外の牧場では犬たちが人と一緒に働いているのを、間近で見させてもらっていました。

私たちも知っている犬種の中には、このような仕事のために繁殖された犬たちがいます。
たとえば、ボーダーコリーやウェルシュコーギーはヒツジを追うことが得意で、グレートピレニーズは羊飼いの同僚とも呼ばれていることは有名です。

うちの犬たちは全く反応しませんでしたが、例にあげたような牧羊犬はウマやヒツジなどを見ると興奮してしまうかもしれないので、気をつけた方がいいかもしれませんね。

10月19日青山譲渡会

2014-10-27

今日は、遅くなりましたが、19日にDo One Goodさん主催、青山ファーマーズマーケット内で行われた譲渡会の様子を、ご紹介させていただきます。

会場は青山ファーマーズマーケットが行われている場所から、少し離れた特設サークルで、屋外ですがビルの陰になり、暑くもなく、寒くもなく、ゆったりとした雰囲気で使わせていただける場所にありました。

お客さんは、ファーマーズマーケットに来てくださった方だけでなく、この譲渡会を目当てに来てくださった方もおられ、4時間の譲渡会でしたが、みなさんとお話ししている間にあっという間に終わりました(あまりのにぎわいに、写真をとるのも忘れていました)。

この日は、イヴとトモを保護してくださった方も、2匹の家族募集中の犬たち(ハートちゃんと空海くん)と一緒に参加してくださり、イブは空海くんとの久しぶりの再会に大喜びでした。
そして、お手伝いに来てくださったボランティアの皆さん、ありがとうございました。

残念ながら、青山譲渡会での犬たちのご縁はありませんでしたが、多くの方に私たちの活動を知っていただけたと思います。
そして、この日は募金活動もさせていただき、9,301円の募金を頂きました。
この募金は、プログラムの運営費にありがたく使わさせていただきます。
ありがとうございました。

1 / 612345...最後 »

財団の活動にご賛同いただける皆さまのご入会をお待ちしております。

お問い合わせ

財団に関するお問い合わせは、
メールにて承ります。

ヒューマニン財団は
皆さまからの寄付
によって
支えられています

応募方法はこちら

ヒューマニンペット育成プログラム