loading

殺処分ゼロを目指す公益財団法人ヒューマニン財団

お知らせ

ご飯の時間

2014-09-22

今日は、一日2回行われる、ご飯の時間の儀式をみなさんにご紹介します。

まず、それぞれの犬の必要なフードの量を計量カップではかり、用意します。
この間、周りでは犬たちがウロウロしております。

そして、順番にえさを与えます。
ご飯がもらえる順番と、食べる場所はいつも一緒です。

まずは、ロン。
ロンの場所は廊下。
私の『OK』が出るまでは、座っている状態で待たなくてはいけないのですが、ロンは待っている間、耳が後ろに下がります。
この顔が、とっても変な顔なので見ていたい気もするのですが、長い間待たせると、時々、フライングするので要注意です。

イヴは2番目で、部屋の真ん中。
イヴは何も言わなくても座って待っていられます。

トモは最後で、隣の部屋との間で食べます。
我慢はできますが、待っている間、よだれがポトポト。。。

この手順でみんながご飯を食べるのですが、このように3匹が食べている姿は、そう長くは続きません。

一番最初に食べ終えるのは、ロン。
これは、ロンが一番初めに食べ始めるからではなく、食べる速さが速いからです。
でも、先に食べ終えても、他の犬のご飯に近づいてはいけないことを知っているので、他の2匹もマイペースで食べ続けます。

そして、その2匹は食べ終えると、他のボールに何も残っていないか確認。
これは、必ずしなくてはいけないようです。

そして、ロンは私の所に来て、可愛い顔!

『そんな顔で見てももうないです!』

このように、犬たちのご飯の時間は、いつもあっという間に終わるのでした。




財団の活動にご賛同いただける皆さまのご入会をお待ちしております。

お問い合わせ

財団に関するお問い合わせは、
メールにて承ります。

ヒューマニン財団は
皆さまからの寄付
によって
支えられています

応募方法はこちら

ヒューマニンペット育成プログラム