loading

殺処分ゼロを目指す公益財団法人ヒューマニン財団

お知らせ

GMaCドッグ 『イヴ』

2014-07-23

昨日に引き続き、GMaCプログラムに参加しているGMaCドッグのご紹介です。
本日は2匹目、3匹の中で唯一の女の子、イヴのご紹介です。

イヴは推定10ヶ月の女の子。

個人で犬猫の保護活動をされており、このプログラムの趣旨に賛同して頂いた方より、譲渡していただきました。
イヴは子犬のときに4兄弟で、千葉県の山に捨てられていた所を保護され、このプログラムに参加するまで、その方のご家庭で過ごしてきました。

イヴの特徴は、大きくピンと立った耳と、いつまででも撫でていたくなるようなサラサラの毛、ソックスを履いている足、そして先っぽだけ白いペンキに付けたような、くるっとしたしっぽです。

イヴは、まだ一才にもなっていないこともあり、遊び盛りで、何にでも興味津々。
とにかく、興味のあることにはどんどん自分から挑戦し、大好きな人に会うと全身でうれしさを表現します。

ただ、初めて会う人、特に大きな男性には吠えることもありますが、「近付かないで!」と言っているのではないのです。

本当は「自分から近付いていくから、そこで待ってて!」とお願いをしているのです。

その証拠に、2度目に会った時は、喜び全開で近づいて来てくれます。

イヴも、担当の少年と一緒に、毎日新しい経験をし、元気いっぱい頑張っています。
まだ若いので、物事の吸収力が早く、日々成長を感じています。
みなさん、かわいいイヴちゃんをよろしくお願いします!

そして、イヴもGMaCプログラム終了後の新しい家族を募集中です!

興味がある方はご連絡下さい。

TEL:03-5314-3555

E-Mail:info@humanin.or.jp

次回は最後の1頭、トモのご紹介です!

お楽しみに!!!

 




財団の活動にご賛同いただける皆さまのご入会をお待ちしております。

お問い合わせ

財団に関するお問い合わせは、
メールにて承ります。

ヒューマニン財団は
皆さまからの寄付
によって
支えられています

応募方法はこちら

ヒューマニンペット育成プログラム